KAZIYAMA様

 作業開始しました、






11月20日 エンジンを 降ろします、

作業内容は

車検整備をし ハイローキットを取り付け

オートマのオーバーホールとエンジンのオーバーホールをするさぎょうに 入りました。

写真が下手ですいません

なるべく画像を多く 出せるように 努力します。



まずは、オートマのオーバーホールから行います 相変わらずはしってはいましたが

バックのバンドが剥がれ 全てのマテリアルはすり減ってました

ミニのオートマは オーバーホールして 乗り始めるのが 無難です。



デフのシムなども 減り オーバーホールしました



フリクションプレート交換 ブレーキバンド 交換、 ベベルギヤー 補強溶接をして組みます

この部品代だけでも 15万円以上してしまう ミニのオートマは 異常な 値段です

全てを強化すると また何処かの弱いところに 負荷がかかりました

それが フォワードクラッチの リング が オイルに泡が混入すると ジャダーを起こします

すると、フリクションプレートが やられるのですが 強化すると

減らないため リングにふたんがかかりましたが クロモリを 使うことにより

トラブルが 極端に すこなくなりましたので リングも交換です、



もちろんバルブボディと サーボピストン の オーバーホールも行います、




バックのドラム の傷も リングをはめ替え 組み付けました。




やはり、ミニのオートマが壊れると言うことは 油圧が足りないことと

オイルの量が不足していることが 原因ですので 当然 エンジンにもダメージ

があって当たり前です、 ミニの中古車の A/Tは エンジンとA/Tをオーバーホール

した くるまをかうことが 永くのれることだと思います、

以前のオーナーがどんな乗り方をしたか 解らない以上 分解してみなければわかりません

この クランクッメタル 減ってしまって 赤 (銅)がデてしまってます

当然 トータル油圧 は落ちてしまい もし オートマのオーバーホール だけでは

後で トラブルが 待ち構えてます。

やはり 分解し たことは まちがいのない 販売方法だと 私達は確信を持ってます、




センターのクランクメタルもこのとおりです 画像ではとってませんが

 当然 コンロッドメタルも アウトで したので 交換です



エンジンブロックを洗浄し 組み付けに入ります、



組み付けです



オートマと合体です、




全てのオイルシールを交換し ガスケットも交換しました

コンバーターを取り付け 



ウオーターポンプ、 タイミングテンショナー を交換し



シリンダーヘッドを分解し バルブシールをこうかんして組み付けます



エンジンマウントを交換し あとは ラジエター が来れば完成です



弊社では オプションなどの予算より 機構回りに 優先的に予算を使わせてもらいます。

ハブベアリングのオーバーホール ドライブシャフトブーツの交換 ラックブーツの交換などを

行います、



本州から来る ミニ は アジャスタライド がついてないのが多く

今回取り付けます