昨日までの掲載










9月26日更新


こんなに濃いランドローバーは そんなに見ることは無いでしょうね

いくら、ランドローバーが生存率が永いといえども 日本の北海道 で2台 並ぶ画像は

強烈に印象つける 画像では無いでしょうか。

2台とも オーナーはお医者様 の 大先生でいらして LR を愛されているお車です、

シリーズ2Aと シリーズ3 最高です。

右を向けと言われれば右を向くスタイルよりも

全く無駄のないスタイルであり 180度考え方を変えれば 素晴らしいファッションと想えませんか

もし 田舎道でこのシリーズに 出会ったとしたら ゾク と来ませんか

この 北海道の ロケーションで これほど見合う ランドローバーは いないはずです。


しかしながら、欠点は まずスピードが出ない、 ギヤーがハードでノイズがうるさい

寒い、うるさい、走行の不安がある ブレーキが効かないなどの弱点がありますが。


現在計画中のシリーズ 2A は 車検合法で 300tdiのエンジンを積み

全てに於いて現代の車と同じような走行が できるようなシリーズができたらと 思案してます。

300tdiのデフェンダーとおなじくらいのパフォーマンスがあったら すごいすよね。





s様 ランドローバー シリーズ3 の イメージ画像です、









7月121日更新

ガソリンタンク錆び 処理 のためタンク内に サンドブラストの砂 を入れます



そして今回考えたのは コンクリートミキサー (某国製)ですが 買い求め

ぐるぐると角度をかえながら 1時間 まわしたら いちど 砂を取り替え再び 回して錆びを取ります、


近々 モーリスのクーパーSの ダブルタンクもやりますので良い試しになります

サビサビのタンクの中 きれいなることを確信してます。

そのご め500 と ガードセプターで コーティングします、



7月18日更新

手前側の白い部分が当時の塗装ですが 部品蛾付いている部分のほが銀色がセプターを塗ったほうです、


20年前に家を建てた時に500Lの灯油タンクですが さすがに18年間外に置きっぱなしにし

雪まみれになりながら放置したら タンクに部品が 付いて居る部分側が酷く錆びてしまいましたが

錆びも落とさず錆びの上から構わずガードセプターを 塗ったところ 2年たっても 全く錆びがでてきません

優れものです、 友人にミニのガソリンタンクの錆びたのを修正してくれと頼まれたのをきっかけに

120ALを塗り完全に乾燥させた状態にしてから シンナーに浸したり メチルケチルケトンにも浸しましたが

塗った120が溶けることもなく 完璧に硬化していることが 判明しました これを使いガソリンタンクの

錆び対策を 行うことにします、当然タンク内の錆び落としとして ブラストの砂にて錆びも落としてから挑戦します。





7月16日更新


毎日 北海道としては 信じられないほど 暑いですね、



昼間30度を超える温度で太陽が登っている間はとても暑いのですが 午後7時をすぎると 我が家は

山から降りてくる 神秘的な冷気が音もなくスー と降りてきます どんなに昼間があつくても

夜は家えの窓をしめて もちろん毛布をかけて 寝れるのが 山里 の 暮らしです。

我が家は標高100mの山の中腹にあり 家えの回りは360度 森林の中で過ごしてます。

そうなんです、森の中での生活は 誰にも干渉されることなく だれにも 見れれることなく 自分の世界に入れる

落ち着いた空間であり 北海道らしい生活ができることに 森に感謝してます。

森には熊もいるでしょうが、 ここは私、 クマ の なわばりです。



7月11日更新

明日は定休日です

先週の水曜日はkozim君に手伝ってもらって薪ようの丸太を3トントラックで 4回 運びました

ということは12トン 異常あるってことか?

あかしやの木だけど、三分の一は切ったのですよ。 


それを輪切りにして 積み上げました



アリとキリギリス という お話もありますが 自分の体も大事にしなければね、

スローライフの田舎暮らし なんてかっこうつけても とても ハードライフ なのかもしれない。

72歳の爺さんでも 頑張ってますが

膝もまだ痛いし 明日は 完全に 寝て曜日にします。



爽やかな朝には美味しいスムージーを飲む、




我が家では、毎朝一番に食すものは 朝つむ新鮮な野菜をジュースにして飲むことからはじまります。

そのためには、畑に奥が小松菜、水菜、春菊、ビタニン菜、パセリ、などを 時期をずらして栽培してます、



その新芽の野菜を 採って速 水洗いをして ジュースにします、



バナナと、牛乳にてミキサーにかけて飲むと 非常に飲みやすく又 美味しいジュースになりますので

毎朝でも 飽きることなく 飲みつづけてます。

北海道の スローライフを楽しむ ことは とても素敵です。

歳を取るにつれて 豪華なそして贅沢な生活より 家で生活する時だけは ゆっくりとした時間をを過ごし

自分で栽培した かわいい お野菜を いただく幸せを楽しむことも いいものですよ。




業務連絡です


今回のトラブルの原因は



ホワードクラッチの油圧の漏れるのを防ぐリング がジャダーにより する減ってしまい

片方のリングはわずかに 線のように残ってましたが片方は擦り切ってしまい

なくなった状態です、 ホワードに行く油圧が全てこの部分から 逃げてしまい

全ての走行が不能になる

原因です、基本AT オーバーホールの予算でできると思います。

バンド、フリクションプレート、ベベルギヤー も現状でいけるとはおもいますが 

基本AT OHを お勧めします。



2017年 6月1日 更新


6月といえば イカ漁も解禁 になって 北海道では本格的の春、家庭菜園もいそがしくなる、。




春になれば、うまいものが次々とでてきます、 そうです今 山ワサビが 最高に旨いのです、

我が家では、畑の回りに雑草のように 生えています、 

昨日は すりおろして、炊きたての熱いご飯に 四葉バターをたっぷりと染み込ませ すりおろした山わさびに

醤油をまぶして、 食った、 実に旨い のである。 この歳であっても 飯を3回おかわりしたよ。

焼いた油揚げにつかってもよし、納豆にまぜあわしても旨い 

今夜はステーキにしてもらって 山ワサビを のせて くいたいね。

冬に新鮮な野菜を食べなかった 体の 汚れた血を 毒消しをしてくれるような気がするぜ。




2017年 5月30日 更新

HPを更新している 時 アドレスが 変わっちゃったみたいですが

オレには 直しようがないので このまま のアドレスでいきます。





なんの画像かというと ミニのオートマの 3速のドラムがDレンジにて走っている最中に ドライブで走行中

4速でありながら 3速に 油圧が 流れっぱなしで 3速のバンドを締めたままそうこうし 熱でバンドも炭化しましたが

このドラム も ご覧のように いろが変わり 焦げ付いてます。

おそらく、ドラムにかかった熱は400度から600度ぐらいになったのでは無いでしょうか

ミニのオートマは シフトをチエンジ するのに ワイヤーにて行ってます、

非常にわいやーの位置の調整は重要です たまに点検してください、

ですが、 このように ドラムに熱がかかった場合 中にエンジンオイルが 入ってイルわけですから

当然 おいる交換はひつようになりますよね、 ラジエターがオーバーヒートしても

オイル交換をしないひとがいますが 当然の作業です、


エンジンオイルは 熱で ポリマーは剪断されます。



2017年 5月26日 更新


HPを更新している 時 アドレスが 変わっちゃったみたいですが

オレには 直しようがないので このまま のアドレスでいきます。




ミニのオートマがベベルギヤーが破損し走行不能になってしまっていても

まだ、エンジンを回して走行をしようとすると このように ベベルギヤーの受ける

側面がグリグリに研磨されてしまいます、 下手すると ドラム自体が全損になり

修理も効かないこともあります 治すにしても時間と費用が多くかかります、

ミニのオートマが 故障したと思ったら 即座に停止し ミニのプロのメカニックに

相談したほうが 被害が少なくてすみますので 注意してください、

ベベルギヤーの破損はミニのオートマの三大トラブルのひとつです。

こわれる確率も多いので 記憶しておいてください、



2017年 5月20日 更新





待ちに待った ど根性 メカ 入社 してくれました。

何度となく求人広告 を 出して みましたが 工場長の 眼に叶う メカが 訪れることなく

お断りしてた状態でした、

最近の忙しさに 困り果ていたところ 本州は三重県 から やってキてくれました。

第二工場の準備などもあり 非常に期待しております、




2017年 5月12日 更新



お客様持ち込みの MADE IN 亡国性 イグニッションコイル

たったの一日で 壊れました、

たしかに安かったみたいですが 部品の制度が 心配です。





国産品で今回は 取り替えました、



2017年 4月27日 更新




オートマの注意事項 として このオイルポンプの不具合が 最近 トラブルがあります

ポンプのオーバーホール時に 画像の右上 の 丸いローターがありますが 取り付いていた 向きを

逆さまにすると 組み込んだ後 後日 当たりが変わるせいなのかもしれませんが

右上の センターギヤーの スペル がとんで 全く油圧が」上がらなくなる こともありますので

十分に ローターの 向き に気をつけていただけたらと 思います、





2017年 4月14日 更新

最近の問い合わせで ミニのオートマのベベルギヤーの破損修理が多い。

ベベルギヤーにかんして 他社でのオーバーホールはおこなっていないようですなので

依頼のはなしがふえてきました、 それはそのはず ベベルギヤーが壊れれば

もう一台のミニのオートマをばらして使用することらしい、

すこしナンセンスだしミニが捨てられてしまう 悲惨な結果になってしまうことになる。



そこで 、ギヤーが剥がれてしまうだけであれば 十分に再生ができるのですから

ギヤートレーンごと送っていただけたら 再生可能であります

オートマに挑戦のころは 失敗を重ねましたが 現在は 再生品のほうが 強力になってます、

ギヤーの状態にもよりますが 再生しギヤー合わせをし組み込みまでして

3万円から5万円程度にて 再生できますことを通知致します、




2017年 4月6日 更新




MASUDA様 リニーアル 復活作業




完成です、

また20年 乗り続けてください

今回、お手伝いできたこと また 気持ちよく作業をさせていただいことほんとうに

ありがとうございました、

また、いちだい 復活しミニを残せることができました。



つぎの復活計画は 別海からのオーナーのミニですどんなに錆びたり

腐ったりしても めげません






2017年 4月2日 更新



まだ使ってはいませんが ガードセプターやME500 などの錆び対策の優れものが

スプレーになって販売サれました、 サイドシルなどの袋になったパネルの内側に

ノズルを使い噴霧して使うことができるらしい、 ワックスや塗料系の錆び対策は

あったものの このすぷれーは 2度 吹きるける事により 

効果は 期待できるのでは無いでしょうか。

いままではME500をスプレーガンで噴霧してましたが

ノズルのつまりなど 扱いがやっかいだったので 非常にたすかります。




2017年 3月28日 更新

ミニのオイル選び


現代の車では、考えられないことですが ミニは ほとんど60年前の材質で

作られてます、 この画像は ミニのタペットリフター の摩耗ですが 98年のミニですら

これほどまで 虫食い を起こしてます 国産車 では 絶対にありえないことです。


一番下のリフターを 平な ベルトサンダーで 削ったようすですが 回りだけ 研磨

できましたが、 真ん中は まったく 削ることすらできないほどすり減ってます、

ネゼ、このように減るか あるメーカーの技術者に教わったことですが

オイル粘度がうすすぎると カチカチとか 音が出ますが それが共鳴音になり

周波数を引き起こすことになり その周波数が このような硬い材質でも 減らせ

傷を付けてしまうようです、 ましてや 昔のままでの パーツを使用しているミニは

このように 5万キロ程度でも これだけ ダメージを与えてしまってます。

今時、こんな材質をつかっている ミニがわるいと言われてもしょうがないことですが、

その共鳴音を なくすのは オイルの粘度 です。

ミニのエンジンを分解すれば ほとんどの ミニは タペットリフターとカムシャフトの

ダメージが あります、

オイル選び は ミニは 非常に重要です、


2017年 3月26日 更新


ミニ1000が 熱い



ミニ1000 と言えば、約 30年前の クラッシックカー といえるでしょうね、

そのミニが このところ 立て続けに 販売になりました

次に内地から来るミニも ミニ1000 を レストレーションして 

乗っていただけるオーナーも決まりました。

きちんと整備して 綺麗にオールペイント すれば 生き返る 名車になります。

いままで30年近く乗り継いだ わけですから いまから 20年間 乗ることも

十分可能 です。 可愛いです!!

麗しく(うるわしい) キユート な 姿は 側に置いてあるだけでも 幸せを感じます。


やはり キャブ車 で A型エンジンのサウンドの 魅力は 忘れない思い出を

呼び起こします、 

永遠のポピラーな ミニ の 復活です。



2017年 2月21日 更新




ディフェンダー90 ピックアップ 予備検を付けて 本日 届きました、

やっぱ いいすね!!

ワイルドの 男くさい猛者が 乗る 四駆 しびれます!

ガッツリ整備して 20年間 のれる ようにしたいすね、

見切りの良さは 最高です、

北海道 に一番 似合うじゃーね−でしょうか、

男の ロマン を感じます。



2017年 2月20日 更新


ベベルギヤーの剥離したものを溶接し、くみこみましたが、

たかが溶接とはいえども 4000度 以上の高温で小さなギヤーと大きなギヤーを

溶接するわけですから 熱でギヤーが当然歪んだりセンターがでないことになりますが

4000度でも熱で膨張したり歪ませない材質の治具をつくらなくてはなりませんでした。


またたとえ溶接したしても いちど剥がれたギヤーの位置は当然 狂い ぎやーの噛み込み

の位置を探らなければなりません、 純正であれば ギヤーの組み込み位置がマーキング

されてますが、剥がれたギヤーは位置合わせをおこなう必要があります。


しかし、奇数のギヤーの歯が 同時にまた奇数の7つのギヤーが噛み合っているわけですから

当然、合わせる位置は難しいにきまってます、

当初は 絶対にこれで間違い無しと おもいこんで 組み込んだものの

全てクレーム になり また くすみそ に 罵倒され やめようとさえおもいましたが、

ミニのオートマに挑戦して さいごまで 諦めずにやりつずける ことにし

この ギヤートレーンを 完全に理解できた ことで 完結 したとかんがえてます。


そうなんです、 ギヤートレーンは 避けて通れない ミニATの重大なトラブルのため

やり続けるしかなかったのです。

バカだチョンだといわれても いいし 最後までやり続けることがオレの流儀です。


2017年 2月19日 更新





最近立て続けに 97年以降でも ベベルギヤーの破損の オートマの

OH の依頼が続きます、


マー ベベルギヤー の破損 の故障だからかもしれませんがね、

でも 最近  多い トラブルになってます。



K様の鈑金ペイントもおわり今度はオートマとエンジンのオーバーホールです、

96年式のタータンは とにかく ATは全滅でした

その原因は フリクションプレート とバンドのフェーシング(マテリアル)が原因です。

とくに フロクションプレートのフェーシングを貼り付けてある ボンド が変更して

画像のように 左側が 96以降の 白ボンド が 熱で 剥がれてしまうのが原因なのです、




画像下の右側のクロボンド は かなり 痛めつけられてますが 

フェーシングは 剥がれません とにかく強いのが特徴です

しかし 白ボンドの 左側のクラッチ板をはがすと

熱のダメージをくわえられると かんたんに剥がれてしまいます

剥がれてしまえば フェーシングがまさつしてクラッチとして

鉄のプレートに引っ掛けて動力を伝えるわけですから 鉄と鉄 では

滑ってしまい 当然 動力がすべってしまい 最後には不動の車になります




最近 ミニのショップさんがミニのオーバーホールするところが多くなったようです。

もしフリクションプレートを再利用 するのであれば 白ボンドのフリクションプレートや

ブレーキバンドは 避けたほうが 無難 であります。

おなじ トラブルが 続いてしまうこともありますので 老婆心なっがら注意いたします。



2017年 2月10日 更新




ディスカバリーのインジェクションポンプassy の交換です、

ディスカバリーのJAPAN仕様は アクセルがフライバリワイヤーであったり

ニードルリフトセンサーの不良が でてしまうと やっかいなことになりますし

高額な整備 になってしまいます、 

ポンプも 製品のバラ付きがあり 良いものを選ばなければ いたいめに会います。

コンピュターをつかい、黒煙や馬力アップ などの問題で ディスコは豪華なのだろうか

JAPAN仕様 の せいか かなり高額なパーツです。



2017年 2月7日 更新


ディフェンダー110 北海道だけの悪路でのトラブルなのかしれませんが

他で聞いたことはないのですが 今回で 2台めの リヤーサスペンションリンクロッド

の 折れ です、 このぶぶんが折れてしまうと リヤーのホーシングは 片方だけ

後ろの持っていかれて 走行不能 どころか ペラシャフトまで 抜けてしまい

路上ではどうにもこうにもならなく なってしまう トラブルです、

絶対に折れては行けない 重要保安部品であるのに こんなになったら やばい です。

パーツの在庫 も あったので 速 交換できましたが 

ロッドが折れて ホーシングが斜めにずれているすがたは すざましいもんです。

当然 走行は無理ですし 搬送も大変な作業になります。




2017年 1月27日 更新


ミニに乗り続けるか、降りるか ?

もし、乗り続けていただけるなら 全力で 作業をサせていただきます。


96年式 タータンのオートマですが フリクションプレートの欠陥にてほぼ 全滅したATです

このミニもフォワードクラッチ、トップ&リバースクラッチが 剥がれてしまったトラブルです が

お客様の愛情にて エンジン オートマ のオーバーホール そして 錆や腐りの鈑金をして

セミ ノースランドスペシャル を し 外側を同色ペイントをすることになりました。

お客様の予算に合わせた 整備ですが 今まで20年維持していたわけですから

また、 20年 維持できるように 鈑金と整備をいたしたいと 作業を開始しました




費用ですが、 現在の軽自動車を新車で買うと 150万円から200万円するらしいですが

その車が今後 10年乗れる車とは 想えません 国産車が10年過ぎたら

ほとんど スペアパーーツ は製造されないし 維持できることは困難ではないでしょうか。


この先20年間もし維持したら、 一年間 5万円の 費用をかけて今回の様な鈑金と整備を

したら、 ものすごく経済的な 車では無いでしょうかね。

それよりも、 ミニ以外に乗りたい車 ありますか?

ミニほど素敵で楽しい車は、あるはずが無いと 断言できます。


どんなに腐ろうが、ぶっ壊れていようが あなたの愛情があるのならば お手伝いします。



2016年 12月13日 更新



クーパーSのボディブラストを開始しました、

コンプレッサーとの繋やコネクションが合わず改造にてまどりましたが 

やっと準備ができ もくようびから本格的にボディブラストを始めます。

最近はウオーターブラストが盛んのようですがやはり北海道はウオーターブラストは厳しい

状況ですので エアーブラストにて行います、

時間えをかけて 丁寧に 錆を向き鈑金を行います、




業務連絡です。

遅くなりましたが買い付けました、 来年の1月には 国内にはいる予定です、








画像の更新です



















ご検討ください






かなり旧式のエンジンコンプレッサーです。

エンジンは日野の6発のジーゼルであり コンプレッサー エアー圧力は半端ではありません、

何に使うかと言うと そうです、 サンドブラスイトを使い この強烈なエアー圧にて

MK1のクーパーS のボディ を 全て ブラストする ためです、

なんて言っても デケイ 代物 で ミニより 大きいのが 驚きです。

鉄板に 穴が 開かないように 気をつけます。


どっちかと言うと AT ばかりやっていられないので

残業の作業になります、 納品まで時間がかかることお許し下さい

B様 分解しました見積もりです







走行不能のトラブルは フォワードクラッチのフェーシングが

滑って なくなってしまったことのようです、

基本のオーバーホール はもちろんやるようですが

ベベルギヤーは 今現在は剥がれてませんが

運が良ければ ? 行けるかもしれませんが そちらで

決めてください、

それとホワードクラッチが ジャダーを起こしたようで

油圧リングは かなり減ってます 交換したほうがよいと思います

ご支持 をお待ちしてます

予算は 電話にて お知らせします。



2月1日  業務連絡

K様 本日お預かりした AT のようすです



デフを外された状態で届きました



いちど、 他社にてオーバーホールをしています

現在のところ 大事に乗れれているようで トータル的な

摩耗はありましたが トラブルの箇所は ありませんでした、

ご希望どおりの 基本オーバーホール +

ベベルギヤ 強化、 ホワードクラッチリング、 デフO/H

を行います

お振り込み が確認できれば 明日には発送は可能です。




2016年 2月1日


G H 様 AT のオーバーホール 



本日組みあがります、



リバースの走行不能は リバースバンドを締め付ける

サーボピストンのシール が 破損し 油圧が逃げて しまったためっです

原因は オイルの量が少なく オイルポンプにエアーを吸い込み

ジャダー をおこし ピストンが 上下に暴れた 切れたトラブルです、

あとは オイルに気泡 が 立つオイル つかっても

細かいジャダー は おこりますので 次回からは

気をつけてください、




2015年 12月15日 更新

なんの画像 かというと、ミニのオートマのフォワードクラッチのリングです、

ミニのオートマを壊れないようにするには、部品も強化しなければなりません、

はじめは、ベベルギヤーの補強 これもかなりの難問でしたがOKになり フォワードクラッチ

ブレーキバンドも、かなりの苦心の末 成功できたが 強化しても 油圧がひくかったり

オイルの量が少なければ 壊れることになるが 強化したところは壊れなくなるのだが

次に 弱い箇所に 必ず負担が かかります、 その最後の砦を攻略するには

この 次に壊れる部品が この部分です、 現在、パーツ屋さんにも全く在庫がなく

あったとしても 生鉄の すぐに減ってしまう リングしかなかったため 北海道で

お願いしていた 旋盤屋 さんでしたが コストが高く 思う存分つかえませんでした

さすがに 内地の 機械屋さんに お願いして ミニのオートマ 100台分

作ってくれました、 これで 自分としては ほぼ完成した ミニのオートマが

出来上がった事になります、

みなさんには、つまらないことにしか、おもわれないかもしれませんが

オレにとっては すごい 嬉しい事なのです、諦めずにやりきったと自分で思うしだいです。

これで いいのです!!!。




オレだって乗りたいです、

ランドローバーディフェンダー90ピックアップ 300Tdi ナンバーが

とりあえず着きました、自分で乗ろうと思います、 しかし 自分の車の整備をするなんて

おそらく10年まっても できるはずが無い お客様が優先 ですからね。

わずかな整備をし とりあえず乗れるように したので 壊れながら治し 乗ります。

無整備 状態ですが ボロを乗させたら天下一品 の オレです だましだまし のってますが

まー 最高です! まず、走破性は 素晴らしく良く どんな困難な悪条件の道でも

走りきれるような 気がするぐらい 安定性がいいです、そして

見切り が良いことは ものすごく運転しやすい のが 言いすね!!

北海道の 男の車に乗って 道産子の 男気分になってます。

ま、 とにかく 乗るのが楽しくてたまらんです。






yosida様への情報です平成8年300tdiです

内地ものです、アルミボディですので錆はありませんが

ボディコンディションはよいほうだと思います、

大きなきずはありません、雨上がりの画像ですので

艶があるようにみえますが ペイントはややボケてます




内装の破れのどかはありません


エンジン回りの画像です、


走行距離が 76662km の ディスコ1 

のわりに極めて少ないです


整備をきちんとして 販売したいとおもってます、



こんな状態ですが ご検討ください、




業務連絡コーナーです、

本日メールを頂いた方への画像です、







2000年、限定車です、

車検は切れてます走行距離は58000キロで、

ボディコンディションは良いミニです、現在仕入れたままの状態で、

ボディの磨きコンパンドかけしようと し 

外装の部品をはずしたままの状態ですが

全ての外装パーツはそろってます。

商談中



10月2日 更新

ミニATのブレーキバンドは非常に過酷です、

現在の売られている車のオートマッチックトランスミッションは バンドブレーキはリスクが多いため

フリクションプレートを利用して ブレーキとして使われていると 聞きました、 が

ミニはブレーキを利用して 2速3速リバース の変速をこのブレーキバンドにて行います、

エンジンから伝えられた何千回転の動力の回っているドラムを一瞬にこのブレーキバンドで締め付けて ロック させ

遊星歯車を利用して 変速させてます、これは すごい バンドにストレスがかかることは理解してもらえますよね、

それ以外に ミニはどんな車であっても オートマオイルは専用オイルを使いオートマに適したオイルをつかってます。

ミニは普通のエンジンオイルをつかいます、エンジンオイルはエンジンの潤滑油を用いてますが

オートマは一瞬にドラムを固定させるために スリップを起こさせないためにも 当然に摩擦材を使い

ドラムを引っ掛けて 締め付けますが エンジンオイルは 潤滑剤が入ってます。

そうなんです、クランクシャフトやコンロッドやピストンを滑らせることが目的のオイルなんです、

ミニのオートマは このことを考えると 矛盾した機構であることを理解してください

そのミニの機構を 潤滑させ、オートマとしての機能させる適したオイル選びは各ミニショップの スキルにかかってます、



9月24日 更新

300tdi のインジェクターポンプassy

やっと、 届きました、早々に交換いたします、 



9月24日 更新

北海道の冬は 想像以上に エンカリの被害は すごい、

しかし、 外車である、まして英国車のある年代までは、まだまだ部品が豊富のため治せるのであります

最近のエコカーのように3年や5年ぐらいで車を買い換えることなんて プライドを持って

英国車に乗っている オーナーは フレームが腐ったからと言って その車からおりるなんて

始めっから 考えてなんか いないのが 英国風の 魂なのである。

20年や30年 治したり板金したりして 乗り続ける だけの 魅力が あるから 

英国車 なのだ!!

どんなに腐ろうが、ぶっ壊れようが 治すのが メカニック だと思うのである。



9月7日 更新

嫁入り先がきまりそうです、 ありがとうございました、

NSPにて仕上げ 永く乗る方向になりました。




クラッシックミニが値上がりしてます、

業者のオークションにはミニの数も少なく、 値段も高くなってしまっている

現在ある在庫のミニをきちんと整備し 大事に販売していこうと 考えてます、

200年限定車の1300オートマ です

ボディは錆もなく 綺麗なミニです、 エンジン、オートマをオーバーホールして車検整備し

諸費用別にて 80万円ぐらいで 販売をかんがえてます。




9月1日 更新

オルタネーターの充電不足 の よくある 原因は これが多いです、

部品名は レギュレター と言い 値段もそこそこします。

トラブルの原因は 右側のカーボンブラシが 固着して 接触不良を起こした状態です、

掃除してカーボンを磨いてやれば また復活するはずです。




8月27日 更新

ちょっと見づらいかもしれませんが、 たびたび掲載する、ミニのオートマのオイルポンプガスケットです、

真ん中のカムシャフトの溝の左側 、 オイルをミッションケ^スから 吸い込む、 大きな穴の横のガスケットが

破けて ました、 いくら探しても ガスケットのカスは ありません、

オートマをオーバーホールする前に 油圧を測定した時には、 油温が冷えている時は7kgはあるのですが

オイルの温度が上がると、 4kg 以上には上がらなかった 状態でした、

なぜかと言うと、 オイルをポンプが下から吸い上げる が、 このガスケットが破けていると

オイルの温度が上がると 粘度がさがるため カムシャフトとカムメタルの間から 空気を吸ってしまうため

エンジンオイルが オートマで一番嫌がる 気泡やエアーかみをお越し オートマの油圧不足を引き起こします、

赤と黒のガスケットや 紙のガスケットは なるべく避けたほうが無難です。

1992,93年当時 の ポリエステル製の ガスケット が ベストでしょうね。


8月24日 更新

ミニのオートマのオイルフィルター の エアーハンマーによる エレメントの破壊です、

笑っている場合ではありません、 オイルフィルターを通さず 直接 オイルポンプで加圧された

オイルはエンジにも潤滑されるのですから、 オートマのマテリアル((フェーシング)は摩擦材にて

スリップさせない構造になっているのですから、 当然 その摩擦材 が オイルに 混入しているわけです

エンジンのクランクシャフトや クランクメタル は 摩擦材 により 研磨されることはあきらかです、

エンジンも当然壊れますが、オートマも油圧不足で 壊れます。

たかがオイルフィルター と おもわれますが 非常に自由要な パーツであります、




早朝、 目覚めるとまず 畑に出て 野菜を採ることにしている、

野菜ジュースをつくるために、春菊、パセリ、バジル、ミント を みずみずしい うちに 収穫します、

最近では、野菜ジュースをスムージー とかハイカラな呼び方があるみたい、

そう、 クマ爺さん 健康オタク なのです、 この何年間か胃癌 を患って 気がついたことは長生きもいいかもしれないが

健康でいてスパナを持ちながら仕事をしていながら 大木が倒れるような最期 が迎えられたらとねがったのです。

まー それよりも かみさんの病で数件の病院にかよっても 全く治らなかった のが このスムージー で治ってしまった

ことが、 飲み続ける要因に なって、 毎日 飲み続けてます、

野菜の嫌いな人からみれば、春菊やパセリ ましてやバジルやミント など かなり きつい匂いに参るかもしれませんが、

バナナと牛乳 を入れることで かなりマイルド になり 飲みやすく なってます。慣れると旨いものです。



2015,8,17

T様 200tdi の画像ですご検討ください、この字をクリックしていただけたら画像がみれます。



  

本物のカントリーマンですが オーナーが以前 わざわざ、ドアーをmk3に改造し 巻き上げウインドウにしました

また エンジンは 1,3i のインジェクション にし 当時はレストアーをしたカントリーマンです

ベース価格はオーナーの御厚意でお安く 設定されてますので レストレーションして 

このカントリーマンに 乗ってくださる方を募集中 です、 要 板金ペイント です、