DEFENDER110 リヤーメンバー交換




交換するフェレームより 先まで腐ってしまってます、

かなり重症 の フレームのくさりです、

交換用のフレーム の先まで 切り継ぎ 板金が 必要になります、



とにかく 腐った部分を残しておけば またすぐ腐るので 癌 とおなじように

悪いところは すべて切り取って しまわなければなりません



切り外した 腐ったフレームです、

北海道のエンカリ は すざましいほど です。



新しい メンバーを取り付けました




1,5mm の 鉄板を 規律でます

溶接 した部分を サンダーがけし 整形します



左右 とも 切継いたしてます







用査閲する前に フレームの中 を 錆止め を塗っても

熱で 燃えてしまう ため 溶接が終わった後 錆止め シヤーシーブラック を

噴霧 ノズル を 利用し 塗りまくります、




こんなふうに フェレーム の奥 の方まで 突っ込み ダラダラと たれるまで ペイントします





錆止めの 溶剤でガードセプターを 練ました



乾燥まで時間がかかります 




燃料タンクを 外した時 燃料リザーバー パイプが腐っていて モゲました

のと ボルトが錆びていたので ガスケットと ボルトを交換しました、

パイプフランジ のナットは腐ってしまっていて 使用不可です、

パイプにダイレクトに ホースを繋げ ジョイントします、

この部分から 若干の燃料漏れもあったようです、



タンクとアンダーガード には 鉄と鉄ノダイレクトに 取り付けてあり

タンクがガードでしか 固定していないため こすれて いるので

間に ゴムのマットを入れます、




ガードセプターが乾燥したあと シヤーシブラックにてペイントしました、



配線類などを取り付けて 本日完成になると思います、